2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

●京都記念 共同通信杯 展望

215 :風吹けば名無し:2018/02/10(土) 22:24:30.26 ID:urbEpeLj0.net
最強の法則2010年1月号「水上学は、なぜ覚醒したのか」より抜粋�

馬券としてもっとも妙味があるのは3連単です。
確かな予想力がないと当たらない馬券なのに、シェアが一番大きい。�
その分、予想がしっかりしている人間にとっては、期待値的においしいゾーンができるんです。�

ある程度、正当なアプローチなら、血統であろうが時計であろうが、的中率はほぼ似たところに収束するはず。�
3割程度は誰でも当たるようになりますよ。�

馬券は武道に近いものがる。
武道の経験はありませんが(笑)�
僕は、前日予想は穴予想に徹するべきだと思っている。�
新聞は復習のためのツールだから必ず持って帰る。
僕は新聞に収支も書き残しているので、�収支をつけるのにも必要です。
収支もつけない、復習もしない、買い方を振り返りもしないのでは、�馬券は上達しませんよ。�
予想が当たる。
これは大げさに言えば、近未来の予測に成功したことに等しい。�
しかも、僕らは公に公表して的中させる。
そのときの快感を一度味わったら、やめられませんよ。�
僕だって名誉欲もあれば、自己顕示欲もあるから、予想を晒しているんです。�
自分の予想法が絶対だと思ってはいけない、というのが僕の考え方です。�
成功体験も引きずらない。
今年の大晦日で今年は終わり。
来年はまたリセットして淡々と馬券を買い続けるだけ、�収支も一からスタートです。
それで成果を出して初めて、今年のやり方が本物だったといえる。�


水上学が今、馬券を通して試しているのは己の人間力なのではあるまいか。
そんな気がした。

総レス数 262
48 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★